Travel,  ライフスタイル

伊勢志摩!日本一?世界一?!高価なカレーを食べてきました

日本一値段のするカレーを食べてきましたので、そちらについてご紹介します!

G7伊勢志摩サミットが開催された「志麻観光ホテル」の高級カレー

日本一?世界一?!高価なカレーは、2016年各国の首脳が集ったG7伊勢志摩サミットが開催された伊勢志摩の英虞湾にある小さな島、賢島の「志摩観光ホテル」で頂きました!

当時の首脳達と記念撮影をする今は亡き安倍首相

志摩観光ホテルは、サミットにあわせて改装されたザ・クラシックと、全室スイートルームのベイスイートがあります。

この志摩観光ホテルのザ・クラシックにあるフレンチ料理店、【la mer(ラメール)クラシック】こそ、サミットで各国首脳が食事をしたレストランです

当時の食事の様子がこのように残されています。

こちらで食べられる高級カレーが、ラメールクラシックの裏メニュー、【伊勢海老カレー】です。

こちらのレストランでは、鮑カレーはメニューにありましたが、伊勢海老カレーは、メニューには載っていません。

【伊勢海老カレー】は知る人ぞ知る裏メニューなんです。調理には多くの時間が必要で、遅くとも1日前には予約の連絡をする必要があります。

1日かけてじっくりコトコトと煮込んで作られる絶品カレーなのです。

そのお値段、なんと税抜14,900円程…!

このお値段はコースではなく、伊勢海老カレーのみのお値段です。(食後のアイス付き)

このお値段なら、他のメニューでフルコースが食べられます。

これは、世界一高級なカレーと言えるのではないでしょうか?!

いざ、世界一の高級カレーとご対面!

入り口のカウンターで予約名を告げ、席につくと、少しして「伊勢海老カレー」が運ばれてきました。

まずはその見た目に驚き!

どーんと丸ごとカレーをかぶった伊勢海老が乗せられています。

もちろん、しっかりとぷりぷりの身の部分も頂けます!

伊勢海老カレーと共におかわり自由の香りの良いサフランライス、お口直しのベジタブルスティック、味変用のジャム、オリーブやパプリカのピクルスを出してもらえます。

伊勢海老の身が大きすぎて、なかなかすくえないカレー

伊勢海老に挨拶して、カレーを口に運ぶと、時間をかけて煮込まれた伊勢海老と野菜の甘さに、ちょうど良く効いたカレーのスパイスがピリっとお口の中で広がります。

お皿の上には1匹分の伊勢海老がいましたが、このカレーを作るのに2〜3匹分の伊勢海老が使われていることが予想できる味わい深い甘みがとても印象的な伊勢海老カレー。

食べ終わって何日も経ってからも、あの味をふと思い浮かべています…。また食べたい!

伊勢海老もだんだんと収穫量が減ってきている中、この伊勢海老カレーなら世界一高級なカレーと納得。

カレーのルーとサフランライスは追加でもらえるため、ルーたっぷりで食べたい方は先に伝えると良いですね。

是非、この伊勢海老カレーを食べに賢島「志摩観光ホテル」へ行ってみてください♪

ラメールクラシック
ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版にて「ミシュラン一つ星」
志摩観光ホテル
〒517-0502 三重県志摩市阿児町神明731(賢島)
予約はお電話で
TEL: 0599-43-1211

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。